Bluetooth技術コラム

 

Bluetooth Low Energyの技術的な側面を随時更新していきます。できるだけ、なぜ、こうなっているかという部分、その仕様になった背景を書いていきたいと思います。
難易度は、3段階で★の個数が多いほうが、難しい内容、細かい内容になっています。

要望や誤りなどあれば、お気軽にお知らせください。

解説は、Bluetooth Low Energyに限定してますが、その理由は、Version4.2,Version5がリリースされ通信速度が向上したため、今後は、Classic Bluetoothが使われなくなるだろうと予測しているからです。


Bluetooth Low Energyの規格入門

はじめに

まず、基礎知識として、下記のことを知っておく必要があります。

  1. Bluetoothの歴史(★)
  2. Bluetoothの種類(★)
  3. Bluetooth Low Energyの利用周波数帯(★)
  4. Bluetooth Low Energyの低消費電力(★)


Bluetooth Low Energyのネットワーク・トポロジー

  1. Bluetooth Low Energyのネットワーク・トポロジー(★)


Bluetooth Low Energyのフレームフォーマット

  1. Bluetooth Low Energyのフレームフォーマットの基本(★)
  2. Advertising PDU(★)
  3. Data PDU(★)




Bluetooth Low Energyの基本動作

ここでは、接続前までのプロトコルについて、説明します。

  1. Bluetooth Low Energyの状態(★)
  2. Bluetooth Low Energyのアドバータイズとスキャン(★)
  3. Bluetooth Low Energyの接続(★)


Bluetooth Low Energyのデータ通信プロトコル

ここでは、機器どうしの接続が完了した後のデータ通信のプロトコルについて説明します。

  1. Bluetooth Low Energyのデータ通信プロトコルの基本(★)
  2. ペアリングについて(★)
  3. ボンディングについて(★)
  4. ATTについて(★)
  5. GAPについて(★)
  6. GATTについて(★)
  7. プロファイルについて(★)


Bluetooth Low Energyのセキュリティ


Bluetooth Low Energyの実際の動作入門

  1. 組み込み用デバイス(Nordic)(★★★)
  2. Android(★★)
  3. iOS(★★)
  4. Linux(★★★)
  5. Windows(★★)

Bluetooth Low Energyのいろいろ



コラムに関する要望、誤りなどは下記よりお知らせください。



弊社では、Bluetooth技術のコンサルティング、ハードウェア/ソフトウェア開発・評価、各国認証の事業を行っております。
ご検討、ご相談については、下記よりお問い合わせください。