Bluetooth Direction Finding Feature

情報源: Bluetooth Enhances Support for Location Services with New Direction Finding Feature | Bluetooth Technology Website

2019年1月21日にBluetooth ver5.1が公開されました。大きな追加として、AoA(Angle of Arrival), AoD(Angle of Departure)を使って、相手と自分の位置関係を取得する機能があります。基本的には、フェーズドアレーアンテナで電波の位相差から到来角度を取得する技術で、軍事用レーダーで使われているものと同じ原理です。また、似たような技術として、Wi-Fi(IEEE802.11n以降)のMIMO技術があり、複数アンテナで受信した異なる位相の電波信号を合成する技術で、かなり前から使われています。このDirection Finding機能は、Bluetoothの仕様書では、位相差検出をしやすくするために無変調波を送るような拡張がされています。どれくらいの精度が出るかは、半導体ベンダーや製品メーカーの実装しだいというところです。
なお、角度から3次元位置を推定する方法は、弊社でも実験をしていますが、距離が離れると誤差が大きくなるため、利用には注意が必要です。
弊社でも、今後、BluetoothのDirection Finding機能を搭載した製品を開発する予定です。