スキャンについて(★)

ネットワークに接続したい機器は、近くにあるネットワーク情報を取得して、その情報に基いて接続します。
ネットワークの情報を取得するスキャンには、下記の2つの方法があります。

  • アクティブスキャン:Probe Requestフレームを出して、ネットワーク情報を取得する
  • パッシブスキャン:Beaconフレームを監視して、ネットワーク情報を取得する

無線LANにおいて、スキャンとProbeは同じ意味で利用されます。どちらを使ってもいいですが、一般的にはスキャンを使います。
wlan_scan_active

wlan_scan_passive

基本的に、アクティブスキャンであっても、パッシブスキャンであっても、取れる情報は同じです。ただし、パッシブスキャンの場合は、ビーコンが出るまで、最長100msとかビーコンインターバルまで待たなければならないので、時間がかかります。しかも、そのビーコンがノイズで壊れることもよくあるため、ネットワークが見つからないケースも出てきます。
ですので、通常は、アクティブスキャンを実施します。

なお、すでに接続したことがあるネットワークである場合は、ネットワークの情報を知っていますので、このスキャンをしないで、直接、Associationフレームを出して、接続に行けばよいです。


Probe Requestフレーム

Probe Requestフレームに含まれる主なパラメータは下記のものです。
それぞれのパラメータを設定すれば、それに対応するネットワークがProbe Responseフレームを返してきます。

  • SSID
  • Capability
  • Supported Rate

SSIDを長さ0で指定すると、ワイルドカードSSIDといって、ネットワークを管理しているすべての機器はProbe Responseで応答してきます。


Probe Responseフレーム

Probe Responseフレームには主に下記のパラメータが含まれます。

  • SSID:ネットワーク名
  • Beacon Interval:ビーコン間隔(100msとかなら100)
  • Supported Rate:サポートしている物理レイヤのデータレート
  • ネットワークの暗号方式情報
  • その他、ネットワークの情報

なお、ビーコンの項目で説明した、端末向けのパケットが用意できているかどうかを示すTIM(Traffic Indication Map)は、ビーコンだけに含まれるものです。