無線LANのフレームフォーマットの基本(★)

無線LANのフレームフォーマットは下記のようになっています。

wlan_frame

無線LANのPHYヘッダ(物理ヘッダ)には、それぞれの規格(802.11b, 802.11g, 802.11aなど)の変調方式に応じて、定義されています。
詳しくは、入門の域を超えてしまうので、後ほど詳しく記載します。

無線LANのMACヘッダは、無線LANの管理用、制御用、データ用などの種別により、中身が異なります。
なお、無線LANのMACフレームは、IEEE802.11nの場合など、1つのPHYデータ内に複数含まれることもあります。詳しくは、入門の域を超えてしまうので、後ほど詳しく記載します。


無線LANのMACフレーム

無線LANのMACフレームには下記の3つがあります。実際の動作(後の章に記載)を見ながらでないと、意味がわからないので、ここでは、どのような種類があるかだけを示します。

  • マネージメントフレーム
  • コントロールフレーム
  • データフレーム

マネージメントフレーム

  • Beaconフレーム:ネットワーク情報を報知するフレーム
  • Probe Requestフレーム:ネットワーク情報を要求するフレーム
  • Probe Responseフレーム:Probe Requestに対する応答
  • Association Requestフレーム:接続を要求するフレーム
  • Association Responseフレーム:Association Requestに対する応答
  • Disassociationフレーム:通信の切断を行うフレーム
  • Authenticationフレーム:相手を認証するフレーム
  • De-Authenticationフレーム:切断(認証中止)するフレーム
  • Actionフレーム:追加の機能全般用のフレーム

これ以外にもいくつかありますが、通常は使われていないので、省略します。


コントロールフレーム

  • RTSフレーム:これからデータ送信をしてもいいか確認するフレーム
  • CTSフレーム:これからデータ送信をするというフレーム
  • Ackフレーム:データを正常に受信したという確認フレーム
  • Block Ack Requestフレーム:確認フレーム(Block Ack)を要求するフレーム
  • Block Ackフレーム:複数のMACフレームに対する確認フレームをまとめたもの

これ以外にもいくつかありますが、通常は使われていないので、省略します。


データフレーム

アプリケーションデータを入れるフレームです。中身は上位のレイヤ(IP層やTCP層)が決めるので、IEEE802.11の範囲外です。