ビーコンについて(★)

ネットワークを作成した機器がBeaconフレームを定期的に送信します。通常は約100ms間隔で送信しますが、10sec間隔とか自由に設定ができます。(実は、厳密には1単位時間が1.02msとなるため、通常の送信間隔は102msとなります。ただし、細かすぎるのでみなさん100msといってしまっています。)
ビーコンを使う目的は、ネットワークを作成した機器が、この領域には私のネットワークが存在しますということを周りの機器に知らせるためです。

シーケンス図では、アクセスポイントのことをAPと書きます。ステーションのことをSTAと書きます。

インフラストラクチャーモードの場合は、アクセスポイントがビーコンを送信します。
wlan_beacon_infra

アドホックモードの場合は、ステーションの誰かが必ずビーコンを送信します。決め方は、各機器が毎回ランダムに送信します。誰かが先に送信したら、自分は送信はしません。
wlan_beacon_adhoc

インフラストラクチャーモード、アドホックモードともに、このBeaconフレームを出した機器は、その後、常にデータを受信できる状態にしておかなければなりません。と言いますのは、どのタイミングで、他の機器がネットワーク情報の取得(Probe Requestフレーム)をしにきたり、接続(Associationフレーム)に来るかわからないからです。そのため、非常に電力を消費します。


Beaconフレーム

Beaconフレームには主に下記のパラメータが含まれます。

  • SSID:ネットワーク名
  • Beacon Interval:ビーコン間隔(100msとかなら100)
  • Supported Rate:サポートしている物理レイヤのデータレート
  • TIM(Traffic Indication Map):省電力モードの時に使うパラメータ(後述)
  • ネットワークの暗号方式情報
  • その他、ネットワークの情報