屋内位置情報監視システム

GPSの届かない屋内でもリアルタイムに位置情報を取得、動線分析

 

フィールドデザインの「屋内位置情報監視システム」は、ボタン電池サイズのビーコンを持ち歩くことで、ユーザーの屋内での位置を検知し、動線を分析するシステムです。
ユーザーがどこにいるかリアルタイムに知りたい場合や、どのように動くかを分析したい場合に利用できます。また、設備がどこにあるかも管理でき、稼働状況の確認にも利用できます。

 

導入例

病院を例にしますと、患者がどの場所にいるかをリアルタイムに把握し、共有できます。カスタマイズも可能で、スタッフに知らせる警告ランプを点灯するなどもできます。ビーコン位置情報2

 

管理画面

位置情報、動線分析は非常に簡単です!

1現在地
ユーザーの現在位置、滞在時間
2マップ
各部屋のユーザーの時間ごとの変化

 

3フロー
部屋への流入、流出のフロー
4ユーザー
ユーザーの移動履歴

 

「屋内位置情報監視システム」の導入

「屋内位置情報監視システム」の導入が、工事なしで、すぐに開始できます。

  • コストのかかる工事、大規模システムの導入は一切不要です。ビーコン受信機を設置するだけです(無線LANが設置されている必要があります)。
  • ビーコン受信機の設置間隔は検出する位置の精度に比例します。20mおきに置いていただくのが一般的です。
  • 提供物:ビーコン受信機、ボタン電池サイズのビーコン

 

導入検討、価格などについては、下記よりお問い合わせください。